記事一覧

時計収集の新しい技

需要が急増するいっぽうで、供給が滞っている今、時計の世界はかつてないほどホットになっている。しかし、どう注目し、誰に相談し、過剰な海の中で何に価値を見出すかさえ知っていれば、今ほど価値の高い宝物を見つけるのに適した時期はないだろう。

2020年の春、ちょうどパンデミックがはじまった頃に、時計業界では不思議な現象が起こった。生活が止まるのと同時に、ヴィンテージウォッチの市場が爆発的に拡大したのだ。つづいて、新品の時計もうなぎのぼりで売れはじめた。

この傾向は、数年前からつづいていたトレンドの延長線上にある。ドレスコードが緩くなった結果、古めかしいドレッシーな時計に代わって、スチール製のスポーツウォッチがホワイトカラーたちの憧れの的となり、オークションハウスは毎週、売上高を更新するようになった。

かくして時計収集はブームになり、さらに厄介になりつつあるわけだ。しかし、さらに奇妙なことが起こった。つまり、時計の新しい収集術が生まれたのだ。それは時計ブームにのめり込むだけでなく、引くことを重視するものであり、人の意見より自分の好みを優先することであり、所有する時計数や金額を考えるよりも、時計をアートのように感じるというものだ。では、2022年に「超カッコいい」時計コレクションを構築するための、8つの新しい収集術を挙げてみよう。


収集とは必ずしも永遠の付き合いにあらず

かつて時計収集とは、一生モノの時計を買うことであり、選択肢は新品かアンティークに限られていた。しかし今では、1990年以降に製造されて、あまり使われていない中古時計を取り扱う市場が、コレクションを構築(または再構築)するためのリスクの低い手段となりつつある。

このサイトは、ウォッチボックスやウォッチファインダーといった同業者に同じく、時計収集でもっとも難しいことを、より簡単に行えるようにした。つまり、詐欺の心配なしに、気に入った商品を安心して購入することができるというわけだ。過去の膨大な価格データと鑑定人チーム、そしてグレーマーケットにはない返品ポリシーは、あなたがこのパテックフィリップを手にする場合、それは信頼に値することを意味している。この世界に足を踏み入れた人にとってはなおさらだ。時計の流動性があれば、自分のコレクションをもう少し自由に考えることができる、というわけだ。

乗るしかない、ゴールドのビッグウェーブ

ロレックス「サブマリーナーデイト」やオメガ「シーマスター」といった高級なスポーツウォッチの、ステンレススチール版を欲しがるコレクターは少なくない。そのいっぽうで、同じモデルであっても、彼らは「金色」の時計にはかなり冷淡だった。

しかし、ウィンドヴィンテージを運営するエリック・ウィンドは、状況は変わりつつあると言う。あまり愛されてこなかったゴールドウォッチが、スチールウォッチに比べて急騰しているというのだ。理由は金ならではの価値に加えて、最近の金融市場の変動が一因と彼は指摘する。「市場が不安定になればなるほど、金はリスクヘッジになる」。そして、触れられもしない、所有もできない資産に魅了される世界において、金の時計ほどすぐに換金できるものはないだろう。そして何より、金時計は気分がアガる。

【関連記事】:おすすめの40代女性に人気のバッグ

コメント一覧

tote711優良サイト口コミ URL 2022年05月13日(金)11時26分 編集・削除

2022最新作ブランドスーパーコピー後払い安全なサイト超人気ブランドコピー代引き激安

ロンジン(Longi URL 2023年07月25日(火)01時06分 編集・削除

みなさん、こんにちは!日本の で人気のあるクリエイターです!今日は、ロンジンの腕時計のクリーニングとメンテナンスのやり方をご紹介します!これを見逃すわけにはいきませんよ!

ミュベール×ディッキ URL 2023年07月26日(水)22時21分 編集・削除

ミュベール( )の2022年プレフォールコレクションから、ディッキーズ( )とのコラボレーションウェアが登場

グランド セイコー URL 2023年12月11日(月)15時17分 編集・削除

グランドセイコーサロンは、手表業界の 捕鯨中で非常に独特な存在です

おしゃれ上級者におす URL 2024年02月20日(火)20時09分 編集・削除

トレンドに敏感なおしゃれ上級者にぴったりの時計の選び方

アートからインスパイ URL 2024年03月01日(金)15時28分 編集・削除

アートギャラリーのインスピレーションを取り入れた独特なデザインの時計を紹介します。

iwc 時計 中古 URL 2024年03月15日(金)10時29分 編集・削除

時計中古とは、高品質かつクラシックなスイスの時計ブランドである ( )の中古市場を指します

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー