記事一覧

4万円台から選べる大人腕時計

2021年パネライ新作偽物 ルミノール シーランド-44mm PAM00859

图片描述
图片描述
图片描述

型番: PAM00863
ケースサイズ: 直径44mm
素材: サテンスティール
ムーブメント: 自社製P.9010
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約3日間
機能
防水: 100m

カスタム腕時計はペアウォッチに最適!

图片描述

ペアウォッチは、二人の好みがぴったり合うものが条件!となると、自然と選択肢がせまくなってしまいがちで、なかなか見つからないなんてことも。ザ・クロックハウス カジュアル カスタマイズウォッチなら、ジェンダーレス/エイジレスで好みに合いやすく、カスタマイズで二人だけのこだわりも実現できちゃいます!

僕が考える「時計社会」はどんな時計を付けていてもその姿勢を愛でる社会であれば良いと考えます。

ルイヴィトン時計 TAMBOUR MOON DIVINE 28 コピー QA017Z

图片描述
图片描述
图片描述

製品仕様

ケース品番:QA017Z

スイス製

ステンレススティールのケース(直径 28 mm)

48個のダイヤモンドでモノグラム・フラワーが際立つ、ホワイト マザー・オブ・パールダイヤル

クォーツムーブメント

機能:時、分

ご自身で簡単に付け替えられるお好みのストラップをお選びください

48個のダイヤモンド(0.09ct)

50M防水

グラマラスでエレガントな「タンブール ムーン ディヴァイン」。モノグラム・フラワーに洗練された再解釈を加え、ダイヤモンドをパヴェセッティングした煌めきが特徴です。ステンレススティールのケースは、ユニークで曲線的な三日月のような輪郭を作り出します。ホワイト マザー・オブ・パールとダイヤモンドを使用した28mmのモデルは、洗練された女性の装いにドレッシーでフェミニンな、遊び心溢れるひねりを添えます。

などなど、高級時計購入に関連する情報を幅広くまとめました。

2021年 ジャガールクルト新作 ポラリス・マリナー・デイト Q9068180

图片描述

ポラリス・マリナー・デイト
Ref:Q9068180
ケース径:42.00mm
ケース厚:13.92mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:30気圧
ストラップ:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻、Cal.899(ジャガー・ルクルト製)、70時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、日付、逆回転防止インナーベゼル、グラデーションブルーのダイヤル(サンレイ仕上げ、グレイン仕上げ、オパーリン仕上げ)

スタイルや個性を表現できる多彩なカスタマイズも魅力です。

21年新作 グランドセイコー 偽物 腕時計 9Rスプリングドライブ SBGE255

图片描述

品番:SBGE255
外装
外装 : ステンレス ベゼル部:セラミックス
ガラス材質 : デュアルカーブサファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ルミブライト : あり(針・インデックス)
ケースサイズ : 横 40.5mm × 厚さ 14.7mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式
ムーブメント
ムーブメント : 9R66 取扱説明書
駆動方式 : スプリングドライブ
駆動時間 : 最大巻上時約72時間(約3日間)持続
精度 : 平均月差±15秒(日差±1秒相当)
機能
防水 : 日常生活用強化防水(20気圧)
耐磁 : あり

伝説的な工業デザイナー、レイモンド・ローウィによって作成されたユニークなエルジンウォッチ

アップロードファイル 21-1.jpg

この職業は私の前には存在しませんでした。私はそれを発明しました。アメリカの鉄道、シェルのロゴ、ラッキーストライクのタバコパックなどをデザインした世界有数のデザイナー、レイモンド・ローウィの作品からインスピレーションを得ました。」 –ジェラルドジェンタ(完全なインタビューはこちら)。

レイモンド・ローウィは、現代史で最も多作で影響力のある工業デザイナーであり、ゲンタが言及したデザイン、スチュードベーカースターライナー、グレイハウンドバス、エアフォースワンなどを担当しました。 1920年代後半から世紀半ばにかけて、ルーウィは「合理化の父」のニックネームを獲得する無数のデザインを生み出しました。本当に目まぐるしい、広大なキャリアで、ルーウィはミッドセンチュリーモダンと初期のアールデコスタイルをアメリカ人の生活に私が本当に感謝したことのない方法でもたらしました。私はルーウィについて漠然と知っていましたが、ごく最近まで彼のキャリアを勉強することはできませんでした。

【グランドセイコー】|2021新作時計発表

2020新作 グランドセイコー偽物 9Fクオーツ SBGX341

图片描述

サイズ | カラー | 素材
品番:SBGX341
外装 : ステンレス
ガラス材質 : サファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ルミブライト : あり(針・インデックス)
ケースサイズ : 横 40mm × 厚さ 11.7mm
腕周り長さ(最長) : 203mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式
ムーブメント : 9F61
駆動方式 : 電池式クオーツ
精度 : 年差±10秒
機能
防水 : 日常生活用強化防水(20気圧)
重さ : 165.0 g

ファッションに合わせた腕時計選びを、ぜひお楽しみ下さい。

しーさー、高級腕時計を買う。中国製ブライトリング偽物とスイス製ブライトリングを比べてみた!本物と見分けがつかないぐらい、完璧なスーパーコピーブライトリング新作の品質3年無料保証になります。

セラミックサークル?新しい色?ロレックスエクスプローラーII50周年記念予想

ロレックスエクスプローラーIIの第1世代モデルRef.1655は1971年に発売され、2021年はロレックスエクスプローラーIIの生誕50周年と一致します。多くの時計の友人は、ロレックスが4月に一連の新しい記念モデルをリリースするかどうかを予測しています。このニュースは根拠のないものではありません。ロレックスは常に10周年を迎えて新製品を発売するという伝統があります。半世紀にわたる50年は、当然のことながら非常に記念すべき意味があります。 Explorer IIシリーズの2回目のオンラインアップデートは2011年であり、人気を維持するには、このシリーズを長年にわたってアップグレードする必要があります。国内外の時計の友人は、このExplorer II 50周年記念時計がどのような変化をもたらすかについて非常に興味を持っており、外国のメディアは噂に基づいたいわゆる「レンダリング」を作成しました。ロレックスが新製品にこれらの調整を加えることは可能ですか? Explorerシリーズの誕生履歴と製品の位置付けから始めましょう。

ロレックスの公式ウェブサイトを開くと、エクスプローラーIやエクスプローラーIIなど、現在販売されているエクスプローラーシリーズを見ることができます。


エクスプローラーシリーズの時計は1963年に誕生しました。10年前のエベレスト山頂の偉業にちなんで名付けられました。オリジナルモデルRef.1016。この時計は、すべてのエクスプローラーシリーズの創始者です。12時位置の逆三角形の目盛り、3、6、9時位置のアラビア数字の目盛り、メルセデスベンツの針などのクラシックな要素が受け継がれ、使用されています。今日。


1971年、ロレックスはエクスプローラーIIウォッチを発売しました。この時計は、実際にはGMTマスターシリーズの1675マイナーフェイスリフトから派生しています。ロレックスはこの新しいモデルを1655と名付けました。今年はエクスプローラーIIウォッチの創設年でもあります。


2011年、エクスプローラーIIの40周年を記念して、新しいエクスプローラーIIウォッチRef.216570が発売されました。ウォッチの直径はRef.16570の40mmから42mmに拡大されました。GMTポインターが赤からオレンジに変更されました。形状は太字になり、それに応じて調整され、ムーブメントはパラクロムヘアスプリングとパラフレックスショックアブソーバーを備えた3187ムーブメントにアップグレードされました。このモデルはまだ販売中ですが、今年はさらに10年が経ち、製品ラインの更新を求める声が特に高まっているようです。今日、私は新しいエクスプローラーIIと可能な調整に対する国内外の時計の友人の期待を集めて整理しました。それは予測のためだけの実用的な参照の重要性ではありません。残念ながら、それはすべての人にとって喜びになるでしょう。


アニバーサリーウォッチの直径に対するロレックスの調整は、前例がないわけではありません。たとえば、2017年に発売されたSea-Dwellerの50周年記念Ref。126600は、40mmから43mmに拡大されました。現在販売されているエクスプローラーIIの直径は42mmで、元の40mmからアップグレードされています。ロレックスの時計の直径を1mm調整するたびに、全体的な価値体系に影響することを知っておくことが重要です。これは50周年です。記念モデルで時計の直径を43mm以上44mmに拡大することは可能ですか?ここで合理的な推測を行うことができます。待って、特定の状況を見てみましょう。

ブルガリの腕時計「ブルガリ アルミニウム」イタリアのトリコロール用いた限定色、ユニセックスで

ブルガリ(BVLGARI)からユニセックスの腕時計「ブルガリ アルミニウム トリコロール」が、数量限定で2020年12月より発売される。
ブランド時計コピー
「ブルガリ アルミニウム」の新作腕時計
1998年に第1モデルが誕生した「ブルガリ アルミニウム」は、リュクスなアルミニウムとスポーティーなラバーという異なるイメージの素材を組み合わせた腕時計。スタイリッシュかつユニセックスなデザインで人気を博した。また、2020年9月には、より耐久性を増したアルミニウムの合金を使用したり、クォーツムーブメントから自動巻きの機械式ムーブメントに変更したりなど、機能性を高めて一新した。

トリコロールカラーのロゴ

そんな「ブルガリ アルミニウム」から、イタリアのナショナルカラーである緑・白・赤の"トリコロール"を取り入れた腕時計「ブルガリ アルミニウム トリコロール」がラインナップ。ダイヤル6時側の「ALUMINIUM」表記の下には、トリコロールカラーで「TRICOLORE」のロゴをあしらった。

ベゼルとブレスレットには、ブルーのラバー素材を採用。また、ダイヤルはホワイトで、インデックスはベゼルやブレスレットと同じブルーで染め上げ、シンプルな印象に仕上げた

オメガ星座シリーズのブラックゴールドの紳士腕時計です。

歳月は指先の中で抜け出して、時間がいつも過ぎるのがとても速いようです。またたく間に、また新しい年になりました。今年は自分のために新しい目標を立てましたか?今日は、多くの人の夢の中で、オメガ(OMEGA)から来た星座の腕時計を詳しくご覧ください。腕時計は黄色18 Kの金と黒の研磨陶器の輪を使っています。殻の直径は41ミリです。
オメガ スーパーコピー
この41 mmの黄色18 Kの金の腕時計は、ブラックの研磨セラミックの輪と組み合わせて、オメガが星座シリーズに陶磁器の輪を採用するのは初めてで、この腕時計は更に星座のシリーズの神秘と高貴さを完璧に解釈します。

また、ブランドは独自の特許技術Cragold®技術で作られたローマ字表記を採用し、黒い太陽模様の文字盤を備え、6時位置にカレンダーウィンドウが設置されている。同時に、指針、オメガブランドの標識、星のマーク、アーチの時間の目盛りは18 Kの黄金で作られます。

腕時計の針や時標も18 Kのゴールド素材を採用しており、時計の針には夜光がかかってレイヤーを表示しています。

6時の席にカレンダーウィンドウがあります。

ケースの側面には、ケースも黄色18 Kの金の材質を採用しています。ケースと爪は研磨とフィラメントの複合研磨プロセスを採用しており、面取りは研磨処理され、より精緻になっています。針と時間の目盛りのデザインのインスピレーションはニューヨークの自由塔の三角形の断面から来ています。シェルの側面の古典的な半月カットと"爪"のデザインはまだ保存されていますが、全体のスタイルは、より現代的で、若い、スポーツです。これは、より現代的なライン処理と、すっきりしたディテールの組み合わせのおかげです。

この腕時計は黒いゴムの裏地のバンドを組み合わせているだけでなく、星座シリーズの41ミリの男性用腕時計のバンドは星座シリーズの39ミリの男性用腕時計の金属製のチェーンや全皮のバンドと交換できます。これはユーザーにもっと多様で便利な選択を提供しています。

オメガの新しい星座シリーズは、男性の腕時計の内部にオメガ8901から最高天文台のムーブメントを搭載しています。アーチ型の耐摩耗性サファイアガラスの背を通して、ムーブメントの動きの美しさがはっきりと見えます。

まとめ:現在、すべてのオメガ腕時計は5年間の保証サービスを提供しています。星座シリーズの男性腕時計も厳格な至高の天文台を通して認証されました。正確さと磁気防止能力にはあまり心配しなくてもいいです。この腕時計の国内価格は172,300元で、好きな友達はお店に行って試してみてください。

視覚的な想像力の再生”がテーマのビジュアル誌が誕生

アップロードファイル 15-1.jpg

視覚的な想像力の再生を目的としたビジュアル誌「レピクチャー(RE)PICTURE」(アタリカ)が8月24日に創刊される。

同誌は写真家のマーク・ボスウィック(Mark Borthwick)やヤープ・シェーレン(Jaap Scheeren)、セオ・シンプソン(ブランドパロディ)、濱田祐史、マーヴィン・ルーヴェイ(Marvin Levay)という国籍もバラバラな5組のゲストアーティストが、“視覚的な想像力の再生”というコンセプトをそれぞれの解釈による像(ピクチャー)で表現している。

アートディレクションは、マシュー・M・ウィリアムス(Matthew M. Williams)による「1017 アリクス 9SM」のロゴデザインなどを手掛けたロンドンのデザインスタジオOK-RMが担当する。

24日の15時からドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)7階のビブリオテカ(BIBLIOTHECA)で、同誌の創刊を記念したレセプションも行う。会場では「レピクチャー」の通常版(4500円)に加え、和紙ラッピング仕様に特別ポスターが付いた特装版(1万円)や、数量限定でバッグ(8000円)、Tシャツ(6500円)などのグッズも販売する。

リーバイス®の「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」が日本初上陸

アップロードファイル 14-1.jpgアップロードファイル 14-2.jpg

リーバイス®(LEVIS®)が、2019年夏に自分だけの究極の1本を仕立てるビスポーク・ジーンズサービス「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」を展開。2019年7月26日(金)に原宿・キャットストリートにオープン予定の「リーバイス® 原宿 フラッグシップストア」3階にて、オープン当日より受付を開始する。

世界に1本だけのジーンズを作るビスポークサービス「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」
「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」は、リーバイス®のクラフトマンシップの真骨頂ともいえるオーダーメイド形式のビスポーク・ジーンズサービス。デニム生地、糸、レザーパッチ、リベット/ボタン、ポケットなど、リーバイス®ジーンズならではのディティールを細部まで指定できる。さらにリーバイス®テーラー(職人)が顧客の要望や体型に合わせて、型紙、生地選びから裁断、縫製、仕上げにいたるまで全工程を手作業で行う。

1本につき平均16時間の作業時間を要するこのサービスは、ビスポーク(bespoke)という言葉通り、顧客がリーバイス®テーラーと話し合いながら究極の1本を作り上げることで、モノ作りのプロセスを「体験」できることが最大の魅力。ロンドン、パリ、ニューヨーク、サンフランシスコに続き、世界5店舗目、アジアでは初めての展開となるサービスだ。

世界初のブルージーンズである「501」に代表されるとおり、リーバイス®では1890年以来、製品の種類を識別するためにロットナンバーを採用してきた。ロットナンバー1番の称号を与えられた今回のサービスは、究極の“ナンバーワンジーンズ”、“オンリーワンジーンズ”を作ることができる最高峰のサービスという意味が込められている。これまでにもリーバイス®の商品をベースにしたカスタマイズサービスは展開されてきたが、一人ひとりに対して型紙を一からおこして制作する「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」は、理想のジーンズに出会える究極のパーソナライゼーションサービスと言えるだろう。

「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」はリーバイス® 原宿 フラッグシップストアにて展開!
2019年7月26日(金)にオープン予定の「リーバイス® 原宿 フラッグシップストア」は、3層からなる店舗の売場面積が約527平方メートルを誇るアジア最大級(日本最大)の店舗となる。日本初上陸のビスポーク・ジーンズサービス「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」とともに、店内の商品をベースにカスタマイズを施す「TAILOR SHOP(テーラーショップ)」や、Tシャツをカスタマイズする「PRINT SHOP(プリントショップ)」が3階に常設。現在リーバイス®が提供しているパーソナライゼーション(個性化)サービスを全て取り扱う、日本唯一の店舗だ。オープンを記念して、全世界でここでしか手に入らない日本語表記の希少な501を発売予定!

オープン日:2019年7月26日(金)
店舗名:リーバイス® 原宿 フラッグシップストア
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-12

「LOT No.1 (ロット・ナンバーワン)」詳細
価格:10万円+税~
納期:応相談(1か月以上) ※オーダー状況によって変動
予約方法:リーバイス® 原宿 フラッグシップストアへの電話予約、もしくは店頭予約
製作工程:①カウンセリング ②採寸~型紙作り ③仮フィッティング ④製作 ⑤最終フィッティング~微調整 ⑥納品

ニットの肩掛けでシンプルなポロシャツコーデをこなれ感あふれる表情に

アップロードファイル 13-1.jpg

ポロシャツにスラックスを合わせたコーディネートにニットを肩掛けしたスタイリングをピックアップ。シンプルな装いも、一手間こういったアレンジを加えるだけでこなれ感たっぷりに仕上がる。着こなしに馴染ませるようにパンツと同色のアイテムをチョイスしている点にも注目したい。

ポロシャツにイージーパンツを合わせてアクティブな雰囲気を底上げしたコーディネート
トレンドアイテムとして注目を集める、ドローコードを取り付けたイージーパンツとポロシャツは相性抜群。スポーツウェアであるポロシャツ特有のアクティブな雰囲気を底上げしている。ネイビーとオリーブグリーンを組み合わせたカラーリングも新鮮。

ネイビージャケット×グレースラックスの定番ジャケパンスタイルにポロシャツを合わせたクールビズスタイル
日本ではスーパークールビズ(6/1〜9/30)の期間中、環境省によってポロシャツの着用が認められているため、おのずとポロシャツの出番も増えてくる。こちらのスタイリングでは、ネイビージャケットにグレースラックスを合わせた定番ジャケパンスタイルのインナーにポロシャツをチョイス。足元にはスニーカーを合わせているため、クールビズはもとよりスニーカー通勤を考える上でも参考になる着こなしだ。

ポロシャツにスラックスを合わせたスポーツ×ドレスミックスコーデ
スポーツアイテム×ドレスアイテムのミックスは今や定番化しつつある印象を受ける。なかでもポロシャツはクールビズアイテムとしても普及するなど、ビジネス/カジュアルの垣根を超えた存在に。スポーツウェアながらも襟つきのデザインがどこか上品な雰囲気を漂わせるため、深いプリーツが入ったドレッシーなスラックスにもすんなりフィットする。

パイルポロシャツでドレススタイルにスポーツテイストをプラス!
スーツスタイルにポロシャツを取り入れたスタイリングが定番化してきている昨今、ポロシャツの需要は高まるばかり。中でも、パイル地を採用したものやビジカジスタイルにも併用可能な台襟付きデザインが各ブランドから多く展開されている。こちらの着こなしは、そんなパイル生地で仕立てられたポロシャツを、ベルトレス仕様のクラシカルなスラックスにタックインしてトレンド感溢れるスタイリングに仕上げている。

ポロシャツでジャケパンコーデをアップデート!
ネイビーポロシャツにラルディーニのブラウンテーラードジャケットを合わせてアズーロ・エ・マローネを表現したマルコ・ザンバルド氏のスタイリング。コロニアルカラーのジャケットに対して、ボトムスはホワイトパンツを合わせてクリーンな印象をキープ。洗い加工が施されたコットン素材と似た見た目のスエードタッセルローファーを足元に合わせて統一感を演出。

ポロシャツにドローコードスラックスをあわせたドレス×スポーツミックス!
ポロシャツ、パンツ、スニーカーに到るまでネイビーアイテムでまとめたコーディネート。ウエストにドローコードが施されたドレスパンツを合わせることでスポーツテイスト溢れる仕上がりに。小物はラグジュアリーな雰囲気を醸し出すアイテムをチョイスすることによって大人の色気を漂わせる。

パイルポロシャツをタックインで上品にコーディネート
ポロシャツをネイビーパンツにタックインすることで品のある印象をプラスしたスタイリング。裾の収まりスマートなシルエットを演出できる点がタックインスタイルの魅力だ。足元はタッセルローファーの革靴を合わせてドレステイストを加速させる。

ペールな色味を使ってソフトなニュアンスでまとめたポロシャツコーデ
ライトグレーのニットポロにグレイッシュブルーのドレスコットンパンツをセットアップ。ヴィヴィッドなブルーではなく洗い加工されたコットンパンツをチョイスすることで好相性を実現している点がポイントだ。シンプルな装いだからこそ、アイウェアやウォレットチェーンで効果的にスパイスをプラス。

トーンオントーンなポロシャツコーデは上質な白スニで格上げするのがお約束
ネイビーアイテムでグラデーションを表現したコーディネート。ニットポロのフロントボタンは全て閉めることで締まりのある印象を演出。上質なレザースニーカーのチョイスが着こなしをグレードアップさせる鍵だ。

ネイビーのポロシャツにブルージーンズを合わせたカジュアルコーディネート。スニーカーとブレスレットでイエローをリンクさせたアレンジが洒脱な印象を演出。ジーンズはアンクル丈にロールアップして軽快な印象に。

クラフトの原点は織物細尾が「日本の美しい布」展をミキモト銀座本店で開催

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpgアップロードファイル 12-4.jpg

京都・西陣織の老舗・細尾が、ミキモト銀座4丁目本店7階のミキモトホールで「THE STORY OF JAPANESE TEXTILES『日本の美しい布』」展を開催している。会期は2019年1月27日まで。12代目の細尾真孝・常務執行役が15年から日本各地の染織の産地を訪ねて写真で記録したものを、150cm幅の織機に張った9000本の白い糸に映すインスタレーションで表現した。

 糸に映すユニークな方法について細尾常務取締役は「シルクが持つ光沢を生かし、そこに映像を映すことで白い糸が染められるストーリーを考えた」と語る。150cm幅の織機は、細尾が「シャネル(CHANEL)」「エルメス(HERMES)」「ディオール(DIOR)」といったラグジュアリー・ブランドにインテリアファブリックを供給するために開発した織機の幅でもある。「織物はクラフトの原点であり、古くは体を織機代わりにして織っていた時代もある。今回の展示では、原点に立ち返りつつ、未来につながるような表現をしたいと考えた」。

 細尾は西陣織の生産だけではなく、日本全国の織物の問屋業もしている。「私自身西陣織以外よく知らなかった。そこで15年から毎月1産地を回るプロジェクトを立ち上げ、土地の風土や歴史、そこに暮らす人々の気風などが色濃く反映される織物を写真で記録してきた」と語る。「京友禅」「越後上布」「大島紬」「紅花染」など25カ所5000点の写真の中から、今展では250点を選んで糸に投影した。例えば「越後上布」は「雪深い北陸の風土と季節を映した美しい布。3月の晴天の朝、まっさらな雪原の上に織り上がったばかりの『越後上布』が並べられる。その“雪ざらし”は、越後の春の到来を告げる風物詩でもある。糸に付着した不純物を洗い流し原料の苧麻(ちょま)の色を抜き、真っ白な反物になる」という。今回の展示では全国25のストーリーが映し出される。

「アングリッド」が次は車をリノベーション 「リノカ」とランドクルーザーを共同プロデュース

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpgアップロードファイル 11-4.jpg

マークスタイラーの「アングリッド(UNGRID)」は、リノベーションカーブランド「リノカ(RENOCA)」とランドクルーザーを共同プロデュースした。トヨタのランドクルーザーとハイエースの専門店を運営するフレックスによる「リノカ」は、中古車を新車のようにリノベーションし、カスタマイズデザインできるブランド。今回「アングリッド」とコラボし、外装と内装を改装した。

 コンセプトは、自然を感じながらいつもより少し遠くに行きたくなるような思いを込めた“Evelyn(エヴリン)”。マットなベージュの車体は、フレックスで開発・製造するボンネットなどリノベーションパーツを使用し、気品ある雰囲気に仕上げた。さらにヘッドランプや丸目型でビンテージらしさを追求。内装は温かみのあるウッドを使うなど、ブラウンやベージュ調の落ち着きのあるカラーで統一している。

 今回の発表した車は、東京と大阪で行われるカーイベントで展示される。1月12〜14日にはカスタムカーイベント「東京オートサロン2018」、2月10〜12日には「大阪オートメッセ2018」に参加する。

 「アングリッド」は昨年、リノベーションルームのプロデュース&販売をスタート。第1弾はツクルバの「カウカモ」と協業し、新宿にあるマンションの一室をリノベーションした。販売はすでに終了している。

マーク ジェイコブス ジャパン公式オンラインストアが1stアニバーサリーキャンペーンを開催

アップロードファイル 10-1.jpg

マーク ジェイコブス ジャパンの公式オンラインストアがオープンしたのは2014年の3月。そのオンラインストア1stアニバーサリーを記念したキャンペーンがスタートする。

4/24(金)~5/10(日)の期間中にメルマガに登録した人に、さまざまなプレゼントが用意されている。応募者全員に、2015年春夏シーズンの期間限定デジタルカタログを。店頭では先着順で、デザイナーのマーク・ジェイコブスの愛犬であるNEVILLEのスマホ壁紙&オリジナルモバイルチャージャーがプレゼントされる。

この機会にメルマガに登録して、マーク ジェイコブズジャパンオンラインサイトの1stアニバーサリーを盛り上げよう♪

【キャンペーン概要】
■応募ページURL:mjin.tl/jp1aniv
■応募対象ギフト
①デザイナー マーク・ジェイコブスの愛犬「NEVILLE(ネビル)」の限定スマホ壁紙を、
 その場でダウンロード
②2015年春夏シーズンの限定デジタルカタログを応募者全員にプレゼント
③ブランドオリジナル限定モバイルチャージャーを、店頭で先着プレゼント
※モバイルチャージャーは、登録画面をお持ちいただいた方に5月2日(日)より店頭にて差し上げます。
 数量に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。

セレクトショップの店長からデザイナーへ 「メゾン エウレカ」の中津由利加

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpg

ウィメンズブランド「メゾン エウレカ(MAISON EUREKA)」の中津由利加は異色のデザイナーだ。セレクトショップの店長やバイヤー、シューズデザイナーを経て、ドイツを拠点に遠隔でメード・イン・ジャパンのウエアやシューズを1人で手掛けている。
ブランドは2018-19年秋冬で8シーズンの4年目だが、卸先は伊勢丹新宿本店や阪急うめだ本店をはじめ、ジャーナルスタンダード、ロク(6)、シップスなどの国内の有力店が名を連ねる。ブランドの魅力は、レトロかつ斬新な色使い、肩の力が抜けた程よいデザイン性、そしてクスっと笑えるウィットの利いた仕掛けにある。
18-19年秋冬の展示会のため帰国した中津デザイナーにデザイナーとなったきっかけや、遠く離れた地で日本を拠点にモノ作りをするコツなどを聞いた。
ファッションのキャリアはどのようにスタートした?
高校卒業とともに福岡から上京し、セレクトショップの「ナンバー44(n°44)」に入社したのがきっかけです。入ってすぐに販売とバイヤーアシスタントに就き、19歳の頃からパリやミラノへ買い付けに同行しました。その後、イギリスに1年半語学留学をして、帰国後は「ナンバー44」に戻り、店舗の店長とバイヤーを経験しました。
ナンバー44とはどのような店か?
もう無くなってしまったのですが、東京と大阪、福岡に店舗を構えていて当時のコンセプトショップの先駆けのような店でした。デザイナーズブランドの商品の他、ミリタリーウエアや「エルメス(HERMES)」などのビンテージも扱っていて、CDや自転車、テントなど、なんでも置いてあるようなお店でした。また、当時まだセレクトショップではオリジナルウエアがそれ程なかった時に、オリジナルを充実させていていたことも注目されていました。高校生の時から憧れの店だったので、すぐ働きたいと思い、卒業後は進学せず入社しました。
若くからバイヤーを経験した後、留学を決めた理由は?
19歳の時、世間知らずの若者にアシスタントバイヤーをやらせてくれたのは、“熱意だけはあるから”と、会社が勉強をさせてくれようとしたんだと思います。でも、パリやミラノについて行ったとき、何もできず悔しい思いをしました。チャンスをもらっているのに、「私は何をしているんだろう」と足手まといになっていると感じ、少しでも早く成長したいと、ロンドンに留学することを決めました。
留学ではどのようなことを学んだ?
語学はもちろん習得できましたが、メンタルの変化が一番大きかったです。留学中に1カ月バックパッカーとして電車でヨーロッパを旅して、さまざまな人と触れ合うことで価値観が変わり、視野が広がりました。フランス、スイス、イタリアの各地を回りましたが、それぞれの国の事情も分かって、自分には知らないことがたくさんありました。印象深かったのはイタリア・フィレンツェでのあるおじいさんとの出会い。ホテルで近所のスーパーの場所を教えてもらい戻ってくると、「何を買ってきたのか?」と聞かれ、買ってきた生ハムとパン、小さなワインを見せたら、「こんなワインは飲んではいけない」と言われました。次の日、フロントに呼び出されて降りていくと、おじいさんがテーブルの下からワインを2本出してきて「イタリアにいるんだから、いいワインを飲みなさい」とサプライズでプレゼントしてくれたんです。人のやさしさに触れて、感動したのを覚えています。また思わぬ出会いもありました。パリに2週間ほど滞在していた時、ホテルで出会った女の子と仲良くなったことをきっかけに、彼女が働いているブランドで急きょバックステージスタッフとして、ファッションショーを手伝うことになったんです。「マラヤンペジョスキー(MARJAN PEJOSKI)」というブランドだったのですが、舞台裏でボタン付けをして、モデルの着替えの手伝いをしました。
戻ってきてから店長を務めながら、バイヤーとしてパリ、ミラノ、ラスベガスに買い付けに行きました。ナンバー44には若い時から目をかけてもらって、多くのことを勉強させてもらいました。社長は美に対して厳しい方でした。その美しいもの、カッコイイものなどの基準は、そこで学んだことが今もベースになっていると思います。何に対しても「これは何だろう?」と疑問を持つようにと言われ、服の生地は必ず触って、素材の品質を見るようにして覚えていきました。店で取り扱っている商品は、当時の給料では買えないような価格だったのですが、「若いころは借金してもいいから、いいモノを身に着けなさい」と上司に言われて、「ヴェロニク ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO)」「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)」など、月10万円程使っていいモノを身に着けました。
なぜナンバー44を退職したのか?
それから、「H&M」などのファストファッションが上陸して大流行した時、店があった原宿のとんちゃん通りに女性のお客さまの人通りが少なくなり、客層も変わっていきました。バイヤーとして、“消化”を意識した仕入れをしなければならず、 “安くて売れることを重視する”流れの中で、自分が心の底からおススメできないものを買い付けることは腑に落ちない部分がありました。
その後、シューズブランドの「デュルブイ(DURBUY)」のデザイナーに転身した。
モンドコーポレーションから、ブランドの立ち上げに合わせて誘っていただきました。デザインの仕事はしたことがなかったので、とても悩んだのですが、周りに背中を押してもらい、独学で進めていきました。既に「デュルブイ」のブランド名とロゴ、ウッドソールというコンセプトだけ決められていて、商品企画、デザイン、生産、営業、出荷、経理に至るまで全て一人でこなしました。11年には留学先だったロンドンでもう一度暮らしたいと、移住を決意して渡英したのですが、「デュルブイ」はデザイナーとして継続し、別のブランドのウエアのデザインの仕事も受けるようになりました。その時から、遠隔でのデザインをはじめて、どう伝えればどのような仕上がりで商品が出てくるのか、という感覚を得られるようになってきました。14年までロンドンにいて仕事を続けましたが、イギリスの移民政策でビザの取得が難しくなったのですが、自分の中で日本に帰る選択肢はなく、アーティストに愛される街であるドイツのベルリンへ移りました。それを機にこれまで受けていた仕事を終了しました。
そして、ドイツで「メゾン エウレカ」を立ち上げた。
ベルリンに拠点を移して一から好きなことを始めようと思いました。最初は資金もなかったので、少ない型数でスエットのリメイク2型、バッグ3型、シューズ4型で始めました。ブランド名のエウレカは“ひらめき”という意味なのですが、海外で私の名前が“ユウリカ”と発音されることがあるので、そこにもかけています。自分でブランドをやるなら、パーソナルなことをやりたいと思っていたので、メゾン(家)をくっつけて、“ユリカの家”という想いを込めて「メゾン エウレカ」にしました。服や靴以外にもプロダクトを増やしていきたいなと、構想していました。今も一人でブランドをやっていますが、セールスは日本でオントーキョーショールームに任せていて、流通の部分ではいろいろ助けてもらっています。
毎シーズンどのくらいの商品を作っているのか?
最初から番号を付けていて、8シーズンで全148品番なので、少ないと思います。毎シーズン約16品ずつ作っているイメージです。前シーズンからリピートしている商品もあるので、若い番号ほど古いので定番と新作が分かりやすいです。
モノ作りはどのようにしているのか?
本当に“ひらめき”で、絵型から描きます。これが欲しいと思ったものに素材を当てはめていきます。でも、コーディネートありきで、単品で考えることは少ないです。店でVMDをしていた経験から、ラックに並んだ布帛とニット、カットソーのバランスは頭の中で想像します。これを作るなら、これはいらない、この色があれば、この色はいらない、など自然に頭の中で組み立ていきます。無駄なものを作れないので、必要なものだけを作るという考えもあります。以前から遠隔でブランドのモノ作りをしていたので、慣れていることもありますが、今一緒に仕事をしている7社ほどの工場や業者の方々にはスカイプをダウンロードしてもらって、テレビ通話でミーティングをしてモノ作りを進めています。
着想源は昔から変わらず好きな服
セレクトショップの店長からデザイナーへ 「メゾン エウレカ」の中津由利加(643102) | WWD JAPAN
定番人気の古着デニムをリメイクした “ビンテージ リワーク バギーパンツ”。インスタグラムでも多く着用画がアップされている PHOTO BY YOSHIAKI HIKINUMA
着想源はどのように得る?
ベースになっているのは、自分のクローゼットかもしれません。これまで数々の系統のスタイルに挑戦した中で、変わらずにずっと好きなアイテムがあります。でも、その服を今着たらちょっと違和感があって、今どう着たいかと考えてデザインします。そういった自分の中のスタイルアーカイブがモノ作りの根幹になっています。私はスカートをはかないので、スカートは作らないです(笑)。例えば、古着デニムをリメイクした “ビンテージ リワーク バギーパンツ”は、学生の頃スケーターの友達が多く、だぼだぼのデニムの腰に靴ひもを巻いたスタイルが流行っていたんですが、その懐かしい記憶からデザインしたもの。基本はださカワイイものや昭和っぽいレトロな色使いとか、私の偏った好みが反映されています(笑)。
商品にはバッグのオマケが付くなど、付属品にもこだわりがある。
買った人の喜びはとても大事。最初のシーズンから付けているタイベック素材のコンビニ袋風のバッグは、スーパーマーケットや百貨店などを意味する“KAUFHAUS(カウハウス)”というロゴを入れています。デビューシーズンから、ブランドの店を想定してデザインをしてきているかもしれません。今後の目標は?
これ以上商業的になりたくないですね。無駄に「これが売れるんだろうな」と思いながらモノ作りはしたくないので、この規模を保ちながらブランドを発展させていきたいですね。将来的に店を開きたいと考えていますが、普通の店にはしたくないと思っています。ブランドの商品だけじゃおもしろくないので、パーソナルな“ユリカの家”みたいなイメージで、来た人がそこでしか味わえない特別感がある場所にしたいです。

オタクの世界からストリートシーンへ 異色の19歳漫画家JUN INAGAWA

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpg

アメリカひいてはストリートシーンにおいて、「ドラゴンボール」や「NARUTO-ナルト-」など日本のアニメ・漫画が大人気なのは言うまでもないが、いま日本人漫画家JUN INAGAWAが世界中のストリートシーンを騒がせているのはご存知だろうか。

5月23日までディーゼル アート ギャラリーで開催中の個展「魔法少女DESTROYERS(萌)」に展示されている作品

現在、渋谷のディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)で個展を開催中の彼は、いわゆる“アキバ系”と言われる美少女をモチーフとした萌え系のイラストを描く19歳の“オタク漫画家”。しかし、彼が他のオタク漫画家と大きく異なるのは、その経歴だ。彼がまだ高校生の頃、インスタグラムに投稿した1枚のイラストをきっかけに、エイサップ・バリ(A$AP Bari)の「ヴィーロン(VLONE)」や人気ラッパーのスモークパープ(Smokepurpp)など、ストリートシーンにおけるビッグネームと、次々コラボ。シーンでも類を見ない異色の経歴を持つ人物となった。

一見、萌え系とストリートは相反するカルチャーだが、いわく「共通する感覚があった」と話す。ストリートシーンにおけるサクセスストーリーから、思い描く未来像とはーー。

もともと日本で生まれ育った?

日本で生まれて、小学校を卒業してすぐに父親の仕事の関係でアメリカのサンディエゴに移住しました。父親は日産の車のデザイナー。絵を描くようになったのは、父親の影響です。

実際に絵を描くようになったのはいつから?

5〜6歳だと思います。父親が「AKIRA」や「攻殻機動隊」の世代だからちょくちょく見せてくれることはあったんですけど、幼い頃の僕には絵のタッチが独特すぎて苦手で……「クレヨンしんちゃん」や「ドラえもん」、朝7〜9時のゴールデンタイムにやっていたアニメを模写してましたね。美少女の絵に傾倒したのは小学6年生くらいからで、「プリキュア」がきっかけです。

男の子で「プリキュア」を観るのは珍しいと思います。

小さい頃からアニメを見ることが当たり前の生活だったので、2次元にも抵抗はなく、「かわいければいい」みたいな感じでした。でも小学生って観るアニメが「プリキュア」か「ドラゴンボール」にわかれると思うんですけど、やっぱり男子で「プリキュア」を観てるのがバレると気持ち悪いって言われるから、「ドラゴンボール」が好きなふりをして誰にも言わないで、影でこそこそ「プリキュア」を見てました(笑)。「プリキュア」は僕の美少女好きの原点です。

将来像として具体的に漫画家を意識したのはいつ頃?

小学3年生から思っていて、5〜6年生のときには周りに「漫画家になる!」って言ってました。とにかく絵を描くことが好きだったので、クラスの友達に似顔絵を描いて配ったり、友達を題材にした漫画を自由帳に描いたりしてましたね。

絵のタッチに影響を受けたり、尊敬する漫画家はいますか?

あまり「この人!」って方はいないんですけど、描き始めた最初の頃は「アイシールド21」や「ワンパンマン」の村田雄介先生の絵ばかりまねて描いてました。だから僕の絵ってかなり村田先生に似てるんです。村田先生のアメコミ風な影のつけ方と、喜怒哀楽の表情の描き方がすごい好きですね。

村田先生は他の漫画家よりコントラストが強い印象です。

白黒はっきりしてますよね。たぶんですけど、アメコミを参考にしているんだと思います。海外の漫画の多くは影の描き方をはじめ、顔も骨格も筋肉のつき方もリアルに寄せた描写なんです。

それこそアメリカに住んでいたら、マーベル作品などのアメコミにはハマらなかった?

映画は観るんですけど、漫画には全く興味がないですね。正義が悪を倒すスーパーヒーロー系って人間味がないからあまり好きじゃなくて、逆にアンチヒーローとかブラックヒーローとか人間味のある敵の話が好き。性格が悪い「デッドプール」には親近感が湧きます(笑)。

絵は独学?

絵画教室に通ったことはあるんですけど漫画とは全然違うので、人物からデッサンまでほぼ独学ですね。好きな先生の絵を模写して自分の絵に昇華させるみたいな。絵は村田先生っぽくて、趣味が萌え系だから僕のオリジナルのスタイルが生まれたんだと思います。

人物画のイメージが強いですが、風景画も描くんですか?

1作品だけですが、今回の個展にも風景画があります。ただビルのようにまっすぐなものを描くのが苦手。ビルなら崩壊したものを描く方が好きですね。将来漫画家になったら、背景はアシスタントの人にお願いしたいです(笑)。

具体的に“オタク”になったのはいつ頃?

14〜15歳のときですね。「けいおん!」や「らき☆すた」のように女の子がわーきゃーしているのがすごい好きで、そこから「ラブライブ!」にハマり重症化しました。「ラブライブ!」の映画は鑑賞券のグッズほしさに40回は観ましたね。

やはり秋葉原にはよく行くんですか?

秋葉原はただ散歩するだけでも飽きないです。それに、いる人は“分類”が同じだから話さなくてもホーム感があるんですよ。アニメのTシャツを着てても、バッジをたくさんつけてても偏見の目で見られない。外に行く理由が秋葉原、みたいな引きこもりが引きこめる外の空間ってイメージで、新宿や渋谷から近い同じ日本なのにオタクが占拠する違う国って感じ。

ファッション界の新星、MSGMのアイテムが全国で買える

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpg

2010年にデビューして以来、瞬く間に世界中のファッショニスタを虜にしてしまったイタリアブランド、MSGM(エムエスジーエム)。デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティが手掛ける複雑なテキスタイルは、どれもこれもキャッチィでインパクトに満ちたものばかり。DJとしても活躍する彼は、現代アートやインディーミュージックなどがインスパイアの源なんだって。

そんなファッションキッズのためのブランドが、8月27日~9月3日までポップアップショップを銀座三越3階のGスペースにてスタート(4日以降は同じフロア内のル プレイスに場所を移しそのまま継続)。そして大阪でも、阪急うめだ本店3階の「D.エディット」にて8月28日〜9月3日にポップアップショップを開催。カラー、シルエット、テキスタイル……万華鏡のように表情を変えるMSGMの魅力を肌で感じられるはずだから、秋冬のスターターアイテムに出逢いに行って!